自営業する時に準備するもの

開業資金と運転資金

自営業をスタートするときには、必ずお金が必要になりますが、この時開業資金はどれぐらいになるかを頭に入れておきましょう。自営業といっても、その規模によってかかる費用は異なりますが必要最低限の費用で済…

優秀な従業員の確保

どのような店舗であれ、売り上げを左右するのは従業員の質です。高級な品物を販売してもそれを扱う従業員がお粗末では客を逃がしてしまいます。優秀な従業員は店舗の雰囲気作りが上手なうえ、接客も真摯に取り組…

自営業で重要な人脈の広さ

開業前にある程度の協力者を作っておく

自営業を始める時には、人脈の広さが大きく影響してきます。もし、人脈が狭いと困った時に助けてくれる人がほとんどいない状態となり苦悩が続く可能性があります。また、協力者がいない状態ではアドバイスしてく…

人脈が広いと取引先を紹介してくれる事がある

自営業では専門的に営業をする人は少なく、きた仕事を受けるパターンが多いです。そのような仕事の仕方をするときに人脈は大きなポイントになります。取引先の人は仕事を評価しているため、依頼してくれるのです…

営業で人脈を広くしていく

よほどの大きなコネがある場合を除き、独立してすぐに外部から仕事が入ってくることは、まずありません。しかし独立すると言って辞めた手前、プライドが邪魔して元の会社に声をかけづらいという人が多くいます。…

営業事務所の確保

自宅を事務所にする方法もある

自営業をスタートする場合には、さまざまなものを準備する必要がありますが、その中でも営業事務所は重要な役割を果たしています。一般的には、営業事務所を設ける場合はテナントを借りることになります。ですが、最初から営業事務所に大きなお金をかけたくない場合には自宅を事務所にしてみてもよいでしょう。自宅を営業事務所にする場合には、今住んでいる住宅の一部を事務所として利用することも可能になります。例えば、4LDKの建物のうち一部屋だけを事務所として利用することも可能です。あるいは、これから住宅を建築するならば、事務所として設計した部屋を用意してみてもよいかもしれません。ある程度会社の規模が拡大したらテナントを借りる方法でもよいでしょう。

レンタルオフィスを借りる

東京や大阪そして名古屋の中心部で事務所を開く場合と、地方都市の駅のそばで事務所を開く場合にはレンタルオフィスを借りる方法があります。レンタルオフィスは、交通の便の良い便利な所に存在しています。通常のテナントを借りる場合との違いは、最初から備品や設備などが準備されていることです。例えば、電話機やコピー機そしてインターネット配線などは最初から用意されているのが特徴になります。それだけでなく、机や椅子ロッカーなども用意されており、それらを買いそろえる必要はなくそのまま場所を借りると同時に利用することができるのが魅力です。会議室なども予約をすれば自由に利用することができますので、一度検討してみてもよいでしょう。