開業資金と運転資金

開業資金はどれぐらい必要か

自営業をスタートするときには、必ずお金が必要になりますが、この時開業資金はどれぐらいになるかを頭に入れておきましょう。自営業といっても、その規模によってかかる費用は異なりますが必要最低限の費用で済ませたい場合は50万円あれば十分です。在庫を必要とする商売は在庫を購入しなければならないため可能な限りサービス業や在庫を必要としない商売を営むことが必要になります。また、従業員を雇うと人件費がかかるため人件費をかけずに自分一人でスタートするのがよいです。さらには、事務所は借りずに自分の家を事務所にするとお金がかかりません。このように、自営業をスタートするときでも少しの工夫することで、開業資金の負担が一気に減ります。

運転資金を借りる場合の方法

自営業者の運転資金は、可能な限り借金をせずにお金をためてからスタートするのが理想です。ですが、商売をしている途中にお金を借りなければならないこともよくあります。この場合、お金を借りるとすれば銀行や公庫などから借りることになるでしょう。ただ銀行に関しては、信用がないと貸してくれません。例えば、その銀行と何度か取引きをしている場合や、担保を所有している場合でないとなかなかお金を貸してくれないと考えておくべきです。公庫の場合には、面談がありその面談の内容で聞かれたことを上手に答えることができれば、借りることが可能になります。ただ、その場合でも自己資金をある程度用意しておくことが条件になりますので、自己資金は少なからず貯めておく必要があります。